メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角ワイド

オホーツク文化の遺跡 アホウドリの骨出土の謎 北大総合博物館・江田講師が講演 /北海道

 道内のオホーツク文化の遺跡からは、翼を広げると2・2メートル前後もある大型の海鳥・アホウドリの骨が大量に出土する。根室市歴史と自然の資料館の主催で開かれた講演会で、北大総合博物館の江田真毅講師(考古学)は「繁殖地から離れた道内の遺跡で、なぜ多くの骨が見つかるか」という謎に迫った。【本間浩昭】

繁殖地は尖閣、鳥島 餌を求めて飛来

 アホウドリは上腕骨や尺骨が大きく中が空洞なため、オホーツク文化の担い手が貴重品だった針を入れるケースとして使われた。同市の弁天島遺跡から出…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文587文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです