メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

東南アジアの蓄電池=西川恵

 <kin-gon>

 先週この欄で、インドシナ半島の内陸国ラオスが電力を100%水力発電で賄い、余剰電力をタイなどに輸出していると書いた。周辺国が火力発電や原発に走る中、ラオスの大きな優位性だが、自然エネルギー立国へと導いたのは一人の日本人だ。

 首都ビエンチャンから北方65キロのナムグムダム。水平線まで満々と水をたたえ、奥行きは見えない。面積は福岡市に相当し、湖面に無数に島が浮かぶ。日本三景の松島を雄大にした風景だ。貯水量約70億立方メートル。福島県の奥只見ダム(約6億立方メートル)と比べその大きさが分かる。

 ダムは5号発電機まであり、現在、6号発電機の設置工事を日本が進める。ダムを稼働したままコンクリート…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文1032文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞
  2. 和歌山資産家変死 会社事務所を家宅捜索 殺人容疑で
  3. 社説 加計学園理事長が初会見 軽すぎる「作り話」の始末
  4. 地震 大阪・震度6弱 死者5人、負傷408人に 住宅一部損壊、500棟超す
  5. クローズアップ2018 加計氏、根拠なき強弁 「首相面会、記憶も記録もない」「虚偽、指示せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]