メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 芥川龍之介の「手巾」は、微笑さえ浮かべて息子の死を恩師に報告する女性が、膝の上ではハンカチを裂けんばかりに握って悲しみに耐えていたという筋立てだ。

 この有名な短編を思うと、唐突な連想で恐縮ながら私は中東の砂漠に投げ出される。占領された祖国から熱砂を渡って逃げてくる避難民を取材した時だ。手を振る私の前に車を止めたアラブ人の一行は愛想よく取材に応じた。

 だが、気がつくと4人の男性のこぶしが妙に白い。車内の彼らはハンカチのような布の下で拳銃を強く握って…

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文968文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  2. まとメシ 寿司食べ放題店を潜入調査!寿司好きが満足できる、東京都内のおすすめ店を紹介!
  3. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
  4. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  5. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]