メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

就活

すでに臨戦態勢 会社説明会解禁 経団連指針「形骸化」批判も

2019年卒の学生向けに開かれた企業の合同説明会。商社や運輸、金融などの採用担当者が自社をアピールした=東京都内で2018年3月1日、竹地広憲撮影

 2019年卒業の大学生らを対象にする会社説明会が1日解禁となり、就職活動が本格的にスタートした。就活のスケジュールは3年連続で変わらないが、経団連が昨春から1日限りのインターンシップ(就業体験)を事実上解禁したことで、既に臨戦態勢に入っている学生も多い。人手不足が進み、「売り手市場」の傾向が強まるなか、学生の就職活動は早期化しており、経団連が定めた就活の指針が形骸化しているとの批判もある。【竹地広憲、水戸健一、川口雅浩】

 東京都新宿区のホテルでは1日、近くの早稲田大生を対象にした大手約50社による合同就職説明会が開かれ…

この記事は有料記事です。

残り1480文字(全文1743文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです