メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスリート交差点

練り上げる 大舞台、誰よりも楽しむ=障害者アルペンスキー・狩野亮

 (カットは直筆)

 いよいよ4年に1度の舞台がやってくる。2014年のソチ・パラリンピック後は、さらに上を目指さなければ平昌大会での成功はないと、自分の滑りに大きな変化を生み出すための4年間を過ごした。トレーニング内容を見つめ直し、使用する用具や組み合わせ、滑りで、さまざまな挑戦やテストをした。2018年を迎えてからはそれらをまとめ、今できる最高の形に仕上げようとしてきた。その答えが出る時が近づいている。

 今季は昨年から高速系種目(滑降、スーパー大回転)8レースが悪天候で中止となっていたが、2月のワール…

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文955文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]