メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全力投球

プロ野球 ルーキー清宮、活躍楽しみ=大野豊

 (カットは直筆)

 日本勢が史上最多の13個のメダルを獲得した平昌五輪も終わり、これからは野球の季節になってくる。今年も12球団のキャンプを回り、レベルアップしようと汗を流している選手たちを見てきた。

 今年のキャンプの目玉は日本ハムのルーキー・清宮だった。僕が見たのは初めて打撃投手を相手に打った日だった。キャンプ早々に右手を痛めて守備練習を主体にやってきており、久々の打撃はどんなものか興味を持って見た。その日は残念ながら雨天練習場の中で打球の飛距離までは分からなかったが、スイングはさすがと思わせるものを持っている。力のある投手の球でも力負けしないだろうと思わせるものはあった。

 ただ、試合となれば相手はプロの投手。真っすぐの力勝負をする投手もいれば、変化球でかわそうとする人も…

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文980文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 特集ワイド 「昭和の夜」また一つ 伝説のキャバレー「ハリウッド」、58年の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです