メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全力投球

プロ野球 ルーキー清宮、活躍楽しみ=大野豊

 (カットは直筆)

 日本勢が史上最多の13個のメダルを獲得した平昌五輪も終わり、これからは野球の季節になってくる。今年も12球団のキャンプを回り、レベルアップしようと汗を流している選手たちを見てきた。

 今年のキャンプの目玉は日本ハムのルーキー・清宮だった。僕が見たのは初めて打撃投手を相手に打った日だった。キャンプ早々に右手を痛めて守備練習を主体にやってきており、久々の打撃はどんなものか興味を持って見た。その日は残念ながら雨天練習場の中で打球の飛距離までは分からなかったが、スイングはさすがと思わせるものを持っている。力のある投手の球でも力負けしないだろうと思わせるものはあった。

 ただ、試合となれば相手はプロの投手。真っすぐの力勝負をする投手もいれば、変化球でかわそうとする人も…

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文980文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. ご当地グルメ 鹿児島・あご肉 癖になる独特の食感
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです