メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 色を見て、香りを嗅ぎ、風味を味わう--。週1回の定例会で本醸造酒や純米酒、大吟醸酒の利き酒などに励んでいるのが名城大学(名古屋市天白区)の「日本酒研究会」だ。

 1979年創設の伝統あるサークルで、現在は農学部の学生ら約60人が所属。毎年10月に開かれる「全国きき酒選手権大会」も見据え、日本酒の基礎知識を学び、利き酒の技を磨く。未成年のメンバーは嗅覚と視覚だけで酒の違いを見極める。

 活動は学内にとどまらない。各地の酒蔵を巡り、昨年夏には長野県諏訪市の「麗人酒造」を訪問。カルシウム…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文513文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 黒部ダムカレー 愛され10年 年間5.7万食売り上げ
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. クックパッドニュース [作ってみた]話題の「ダムカレー」は〇〇を使えば簡単にできた!!
  4. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  5. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです