メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証

一時630円超下げ トランプ氏輸入制限表明受け

 2日の東京株式市場は、トランプ米大統領が鉄鋼とアルミニウムの輸入制限を発動する方針を表明したことを受けた世界的な貿易摩擦への懸念から、ほぼ全面安の展開となった。日経平均株価の下げ幅は一時、前日終値比630円を超え、約2週間ぶりに2万1100円を割り込んだ。午前10時現在は同528円03銭安の2万1196円44銭。

 トランプ氏は1日、鉄鋼とアルミニウムに追加関税を課す方針を表明。対象国が対抗策に出たり、米国内企業の原料調達費が膨らんだりする懸念から、同日のニューヨーク市場では株価が急落、ダウ工業株30種平均は一時、前日終値比586ドルまで下落し、同420.22ドル安の2万4608.98ドルで取引を終えた。

 また、貿易摩擦への懸念から安定資産とされる円が買われて1ドル=105円台後半まで円高・ドル安が進んだことも株価の重しになっている。【岡大介】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです