メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

中山11R・弥生賞/阪神11R・大阪城S (日曜競馬)

能力抜群、オブセッション

 【弥生賞】皐月賞をにらむ有力候補たちが早くも激突。第一に注目したいのはオブセッションだ。東京2000メートルの新馬戦は重馬場で勝ち時計こそ遅かったが、上がり3ハロンは良馬場並みの34秒5と速かった。続く前走は阪神1800メートルのシクラメン賞を使われたが、出遅れながら33秒5の末脚で外から一気差し。1分45秒6は2歳レコードだった。コーナー四つの中山2000メートルに舞台は変わるが、規格外の大物に小細工は不要。外からの差しで間に合う。

 相手は3戦無敗のダノンプレミアム。やや重馬場のサウジアラビアロイヤルCを1分33秒0の2歳コースレ…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文750文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです