メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松沢一憲のVライン

4連勝で皐月へ、ワグネリアン (日曜競馬)

中山11R・弥生賞(3歳・G2)WIN5<5>

 皐月賞に直結する最重要ステップレースで、2008年からここまで最多7頭の連対馬を輩出している。

 過去10年、連対馬は(2)(1)、(1)(5)、(1)(2)、(1)(7)、(9)(3)、(6)(10)、(1)(4)、(2)(4)、(2)(1)、(1)(8)番人気の組み合わせで決まった。1番人気馬は7連対(5勝、2着2回)と期待に応えているが、2、3番人気が4、1連対とパッとしない成績。代わりに6~10番人気からそれぞれ1頭ずつ、計5頭が連対している。

この記事は有料記事です。

残り1442文字(全文1693文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞
  2. 和歌山資産家変死 会社事務所を家宅捜索 殺人容疑で
  3. 社説 加計学園理事長が初会見 軽すぎる「作り話」の始末
  4. 地震 大阪・震度6弱 死者5人、負傷408人に 住宅一部損壊、500棟超す
  5. クローズアップ2018 加計氏、根拠なき強弁 「首相面会、記憶も記録もない」「虚偽、指示せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]