メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

リニア談合逮捕 特捜部、否認2社に強硬姿勢 工期への影響避け

 「夢の超特急」を建設するビッグプロジェクトを巡る談合事件で、東京地検特捜部は独占禁止法違反容疑を否定する大手ゼネコン2社の担当者の逮捕に踏み切った。談合を認めているとされる残りの2社については在宅で捜査を進める模様だ。大手4社に対する捜査方針が分かれた背景には、否認組への強硬姿勢のほか、工期への影響を避けるため年度内に捜査の区切りを付けようとする意図ものぞく。それでも、工事の進行を懸念する声は少なくない。

 JR東海側は昨年末までに24件のリニア工事を発注しているが、特捜部が今回立件したのは、業者選定方法…

この記事は有料記事です。

残り1626文字(全文1881文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです