メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新時代の中国

第3部 全人代を前に/中 監視網拡大に警戒感 米、情報漏えいの疑い指摘

アリババのパビリオン内に設置された顔認証システム。内蔵カメラで顔を検出、データと照合して人物を特定する=韓国・江陵市で2月23日、福岡静哉撮影

 熱戦が展開された平昌(ピョンチャン)冬季五輪。フィギュアスケート会場となった江陵(カンヌン)五輪公園(韓国江原道(カンウォンド))に、中国電子商取引最大手、阿里巴巴集団(アリババ)の巨大パビリオンが設置された。顔認証など同社が力を入れる最新技術のアピールが目的だ。

 入館者はまずタブレット端末で顔写真を撮影し、好きな食べ物やスポーツといった個人情報を入力。その後、電子画面の前に立つと、顔情報で個人を特定し、おすすめの飲食店や五輪競技などを紹介してくれる。

 この技術は既にアリババが展開するスーパーの決済などに利用され、公共サービスへの応用も進む。現金を持…

この記事は有料記事です。

残り1001文字(全文1280文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  4. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  5. 他人のPCで「無断採掘」無罪 仮想通貨のプログラム設置男性 横浜地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです