メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白血病

免疫細胞で治療 制御遺伝子の機能解除 京大、マウス実験で発見

 血液のがんの一種「慢性骨髄性白血病」について、生体内の細胞の移動を制御する遺伝子「Sipa(スパ)1」が失われると、免疫細胞が白血病細胞を攻撃して病気を治すことをマウスを使って突き止めたと京都大の研究グループが発表した。体に本来備わっている免疫機能を利用したがん治療薬「オプジーボ」と同じメカニズムを白血病治療にも活用できる可能性を示す成果という。

 論文が英科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に2日、掲載された。

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文676文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  5. ふるさと納税でアマゾンギフト券100億円 泉佐野市が総務省に対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです