メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名作の現場

第36回/止 『万葉集』 案内人・酒井順子(その1)

大宰府展示館わきに開いた梅の花と酒井順子さん=福岡県太宰府市で、津村豊和撮影

 奈良時代の花といえば、桃でも桜でもなく梅。春を告げる香りが名歌を生んできた。『万葉集』の古里である梅の名所・福岡県太宰府市周辺を、酒井順子さんが歩く。

老若男女、歌心の小波

 「あをによし寧楽(なら)の京師(みやこ)は咲く花の薫(にお)ふがごとく今さかりなり」(小野老(おゆ))

 といえば、『万葉集』の中でも有名な歌。私はこの歌のことを、作者が住む奈良の都をたたえる歌だと思っていました。

 しかし、この度訪ねた福岡は大宰府政庁跡に、この歌の碑が。おや、なぜここに……?と思っていると、「大…

この記事は有料記事です。

残り1314文字(全文1557文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]