メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自転車

世界選手権 トラック種目 男子ケイリン 河端、ラスト一気 日本勢25年ぶりメダル

 【アペルドールン(オランダ)共同】オランダのアペルドールンで開かれている自転車トラック種目の世界選手権で、男子ケイリンの河端朋之(日本競輪選手会)が2位に入った。日本自転車競技連盟によると、同種目での日本勢のメダル獲得は25年ぶりの快挙だ。

 河端は最終周回で一気にギアを上げ、後方から追い上げた。最後の直線で2位に躍り出てゴール。今季の日本勢の躍進を強く印象づける銀メダルに「ここで表彰台に立てたのはすごくうれしい」と白い歯を見せた。

 昨年12月には脇本雄太(日本競輪選手会)がチリで開催されたワールドカップ(W杯)で日本勢14年ぶり…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文619文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  4. はやぶさ2 「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか
  5. はやぶさ2 まもなく着陸「探査機すべて問題なし」JAXA最終判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです