メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なにわの隅で小休止

キャッスルマン病 原因不明、指定難病に /大阪

大阪大学産業科学研究所の吉崎和幸・特任教授=大阪府茨木市美穂ケ丘の大阪大学産業科学研究所で、関野正撮影

 「キャッスルマン病」という病気を、知っている人はどれくらいいるだろうか。リンパ節が腫れて発熱や貧血、発疹、倦怠(けんたい)感を引き起こす。現在も病因は不明で、確固たる治療法がない希少難病。日本での患者は推定で1500人と言われる。1956年に米国のキャッスルマン博士によって提唱され、その学者の名前が病名になった。

 厚生労働省の委員会が昨年11月、指定難病に追加し、4月から患者への医療費助成が始まる予定だ。

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文1059文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 火災 アパートで1人の遺体発見 東京・三鷹
  3. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 厚労省、「遺品なし」理由
  4. 辺野古移設「反対」67.6% 沖縄県民投票の世論調査
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです