メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新時代の中国

第3部 全人代を前に/下 校内録画し常時監視 「まるで監獄だ」生徒反発

教室を常時監視するカメラ映像が並ぶ「監視室」のモニター画面。休み時間や放課後も撮影している=中国山西省で2018年1月、河津啓介撮影

 中国山西省にある公立中学校の教頭が、校内の「監視室」のドアを開いた。パソコン数台に全教室の監視カメラ映像が映し出されていた。ある教室を拡大すると、生徒の表情はもちろん、手にする教科書の表題まで判別できた。「24時間撮影で録画を1カ月保管。中国では教室へのカメラ設置は当たり前だ」。教頭はこう説明した。

 中国の教育当局は近年、「安全」「いじめ対策」を理由に監視カメラで校内を全てカバーするよう指導する。…

この記事は有料記事です。

残り1101文字(全文1302文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]