メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開かれた新聞

委員会から 人口減 必要な視点は

地方の過疎地ではシャッター通り化が進む一方、新技術への期待と不安が交錯する

 日本は人口が減りゆく社会に突入しています。社会保障、経済、自治体の運営など、人口増を前提としたこれまでの社会システムでは、立ちゆきません。毎日新聞は人口減少問題を、政治が最優先で取り組むべき課題と位置づけています。年間企画「縮む日本の先に」も始めました。この問題の報道にどのような視点を求めるかなどについて、「開かれた新聞委員会」の委員4人から意見を聞きました。(意見は東京本社発行の最終版に基づきました。写真は丸山博)

この記事は有料記事です。

残り3204文字(全文3415文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 賠償提訴 車いすでワイン試飲「拒否不当」 都内の50代男性 百貨店「過去に事故、安全優先」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです