メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開かれた新聞

委員会から 人口減 必要な視点は

地方の過疎地ではシャッター通り化が進む一方、新技術への期待と不安が交錯する

 日本は人口が減りゆく社会に突入しています。社会保障、経済、自治体の運営など、人口増を前提としたこれまでの社会システムでは、立ちゆきません。毎日新聞は人口減少問題を、政治が最優先で取り組むべき課題と位置づけています。年間企画「縮む日本の先に」も始めました。この問題の報道にどのような視点を求めるかなどについて、「開かれた新聞委員会」の委員4人から意見を聞きました。(意見は東京本社発行の最終版に基づきました。写真は丸山博)

この記事は有料記事です。

残り3204文字(全文3415文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  3. 余録 米ワシントン、ポトマック河畔の桜は1912年…
  4. 先発は習志野・山内、日章学園・石嶋 第1試合は午前9時プレーボール
  5. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです