メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たたなづく

魂は感じるものだから=河瀬直美

河瀬直美さんの自宅リビングに差し込む朝日=河瀬さん提供

 養母の七回忌があった。あれからもう6年もたつのかと月日の流れの早さを思う。養母は夕飯を食べたあと、最後に「おいしい」という言葉を残してこの世を去った。食いしん坊だった養母らしい最期だなと思っていた。亡くなる前日、わたしは「美しき日本 奈良」という短編映像シリーズの撮影のため、奈良県の南部の山間の村を訪れていた。立春を過ぎてもなお冷え込みの激しい2月の半ばで、その地域で有名な滝は水が落ちる辺りから凍っていて、まるで花火のような氷柱とでもいおうか、が眼前にあった。その地域は「玉屋、鍵屋」でおなじみの花火職人「鍵屋弥兵衛」生誕の地として、知る人ぞ知る場所であった。

 花火といえば、養母と隅田川の花火大会を鑑賞したことがある。夏の風物詩として知られるそれを鑑賞しなが…

この記事は有料記事です。

残り1349文字(全文1682文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 毎日放送 女性社員、同僚男性に盗撮されたと被害届
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです