メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たたなづく

魂は感じるものだから=河瀬直美

河瀬直美さんの自宅リビングに差し込む朝日=河瀬さん提供

 養母の七回忌があった。あれからもう6年もたつのかと月日の流れの早さを思う。養母は夕飯を食べたあと、最後に「おいしい」という言葉を残してこの世を去った。食いしん坊だった養母らしい最期だなと思っていた。亡くなる前日、わたしは「美しき日本 奈良」という短編映像シリーズの撮影のため、奈良県の南部の山間の村を訪れていた。立春を過ぎてもなお冷え込みの激しい2月の半ばで、その地域で有名な滝は水が落ちる辺りから凍っていて、まるで花火のような氷柱とでもいおうか、が眼前にあった。その地域は「玉屋、鍵屋」でおなじみの花火職人「鍵屋弥兵衛」生誕の地として、知る人ぞ知る場所であった。

 花火といえば、養母と隅田川の花火大会を鑑賞したことがある。夏の風物詩として知られるそれを鑑賞しなが…

この記事は有料記事です。

残り1349文字(全文1682文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです