メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

橋爪大三郎・評 『モノに心はあるのか 動物行動学から考える「世界の仕組み」』=森山徹・著

 (新潮選書・1296円)

ダンゴムシにも石にも「心はある」

 奇妙な書名だが、なかみは本格的である。文体が柔らかい。凝り固まった自分の生き方が、解きほぐされるような爽快感がある。

 本書は大きく三章からなる。第一は、世界のあり方。世界とは《私たちが認識し、また、想像しうるあらゆるモノゴトの集まり》のこと。コーヒーを飲もうとマグカップを手に取った。それは「コーヒーを飲みたかったから」か。そうとも言い切れない。「コーヒー、飲む」のほかにも「カレー、食べる」「音楽、踊る」などの可能性があり、それらが抑制され、この行為が成り立つ。でもその決まり方は不確かで見通せない。「コーヒーを飲みたかったから」はむしろ、行為のあとででっち上げられるのでは。こうして著者は結論する、《私は、多数の行動決定機構を備えるがゆえに、全体として機械にはなりえない、個性、柔軟性、自律性を備える家族的行動決定機構である》と。「家族的」とは、みんなが自由で自立しているのに、全体としてまとまりがあることをいう。

 第二は、言葉のあり方。言葉は糸電話のように、話し手の頭のなかみ(意図)を聞き手の頭(理解)に送り込…

この記事は有料記事です。

残り954文字(全文1443文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  4. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
  5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]