メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

岩間陽子・評 『誰が日本の労働力を支えるのか?』=寺田知太、上田恵陶奈、岸浩稔、森井愛子・著

外国人か AI・ロボットか

 (東洋経済新報社・1728円)

 人口減少、労働力不足を扱う本は多いが、その多くは結論先にありきで、読むほどのこともない。本書をちゃんと読んでみる気になったのは、まずきちんとデータに取り組んでいることである。もう一つのこの本の良さは、無理に一つの答えを導きだそうとしていないところだ。各章が比較的独立しており、選択肢を示して読者に考えさせようとしている。

 日本の労働力は、どれくらい足りなくなるか。今のままの働き方では、2030年に14年比で787万人労…

この記事は有料記事です。

残り1163文字(全文1403文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]