メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『定点観測・釜ケ崎<増補版>』=中島敏・編

 (東方出版・7560円)

 「日本最大の日雇い労働者の街」という枕言葉付きで語られがちな、大阪市の釜ケ崎(あいりん地域)。1920~70年代(主に60年代)に撮影されたこの街の写真と、94年、2017年の同じ場所の写真を並べた写真集だ。

 現在は、日雇い労働者の高齢化が進んで、生活保護受給者が多い「福祉の街」である。労働者が暮らしてきたドヤ(簡易宿泊所)は、受給者向けの福祉マンションにな…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文485文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  4. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
  5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]