メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

松原隆一郎・評 『保守の遺言 JAP.COM衰滅の状況』=西部邁・著

 (平凡社新書・950円)

張り詰めた論理と覚悟が漲る

 一月二十一日の早朝(というより深更)、西部氏は縄でみずからを縛り入水した。筆者は二日後の密葬に参列したが、棺の中から「どうだ、うまくやったろ?」と語りかけてきそうな綺麗(きれい)な死に顔だった。

 本書口述の手直し完了が前年の十一月三十日。それからテレビの収録を四回すませ、あとがき執筆が一月十五日。それで公的な活動をすべて終え、縄や現場に残す遺書を準備したのだろう。密葬ではソプラノ歌手らによる「ダンチョネ節」斉唱があったが、予期していたのだとすれば計画が完璧すぎる。それほど感動的な歌であった。

 自裁の理由は前著『保守の真髄』(講談社現代新書)で明かされた。自分が「病院死」したときに迷惑をかけ…

この記事は有料記事です。

残り1164文字(全文1489文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]