メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

松原隆一郎・評 『保守の遺言 JAP.COM衰滅の状況』=西部邁・著

 (平凡社新書・950円)

張り詰めた論理と覚悟が漲る

 一月二十一日の早朝(というより深更)、西部氏は縄でみずからを縛り入水した。筆者は二日後の密葬に参列したが、棺の中から「どうだ、うまくやったろ?」と語りかけてきそうな綺麗(きれい)な死に顔だった。

 本書口述の手直し完了が前年の十一月三十日。それからテレビの収録を四回すませ、あとがき執筆が一月十五日。それで公的な活動をすべて終え、縄や現場に残す遺書を準備したのだろう。密葬ではソプラノ歌手らによる「ダンチョネ節」斉唱があったが、予期していたのだとすれば計画が完璧すぎる。それほど感動的な歌であった。

 自裁の理由は前著『保守の真髄』(講談社現代新書)で明かされた。自分が「病院死」したときに迷惑をかけ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  2. ORICON NEWS クロちゃん、脳動脈瘤の手術成功「健康を維持しなきゃいけないと思いました!」
  3. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 雑誌のハシゴ ブラックアウトが起きたら=荻原魚雷

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです