メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

伊東光晴・評 『官僚たちのアベノミクス』=軽部謙介・著

 (岩波新書・929円)

なぜ株価は上がり、円安になるのか?

 この本は、経済政策としての「アベノミクス」が誤りかどうかを論じたものではない。民主党政権の末期、あるいは安倍晋三が自民党総裁に選ばれてから、黒田東彦(はるひこ)日銀体制が発足していくまでの間、政治家が、官僚たちが、政策提言者が、何を考え、いつ何を言いどのような違いがあったかを、著者が直接会って話を聞き、それを記述した。正にジャーナリズムの正道を行く本である。

 赤字国債の発行の根拠となる特例公債法案が国会を通過せず、行きづまる野田民主党に対し、選挙になれば勝…

この記事は有料記事です。

残り1702文字(全文1962文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]