メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『自民党秘史 過ぎ去りし政治家の面影』=岡崎守恭・著

 (講談社現代新書・864円)

 本書は戦後の自民党長期政権の中、末期を飾った田中角栄、中曽根康弘、竹下登各首相だけでなく政局の舞台回しの黒衣に徹した、田中六助、金丸信両幹事長の伝説的な番記者だった著者が、直接見聞きした政治の現場や修羅場での当事者だった政治家の肉声を記している。

 たとえば、ロッキード事件で有罪判決が出された田中角栄に議員辞職の意思ありや否やを確認するため…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]