メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縁の下の誇り

新体操もっと身近に=渡辺守成

 

 どうすれば新体操をもっと多くの人々に楽しんでもらい、理解してもらうことができるのか。そんな思いから新体操の未来を考えるプロジェクトを2月から始めました。過去の成功は決して将来の成功を意味しません。

 多くの国際競技団体(IF)は五輪ごとに規則を変更します。国際体操連盟(FIG)もその一つです。ところが、得てして規則変更はその場しのぎの対応に陥りがちです。新体操もその傾向がありました。

 私がブルガリアに留学し、新体操に関わるようになった1980年代は新体操とは芸術作品そのものでした。…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文969文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 毎日放送 女性社員、同僚男性に盗撮されたと被害届
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです