メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縁の下の誇り

新体操もっと身近に=渡辺守成

 

 どうすれば新体操をもっと多くの人々に楽しんでもらい、理解してもらうことができるのか。そんな思いから新体操の未来を考えるプロジェクトを2月から始めました。過去の成功は決して将来の成功を意味しません。

 多くの国際競技団体(IF)は五輪ごとに規則を変更します。国際体操連盟(FIG)もその一つです。ところが、得てして規則変更はその場しのぎの対応に陥りがちです。新体操もその傾向がありました。

 私がブルガリアに留学し、新体操に関わるようになった1980年代は新体操とは芸術作品そのものでした。…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文969文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  3. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  4. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕
  5. 福岡男性刺殺 容疑者か ネットに「自首し俺の責任取る」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]