メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

なみえ焼そば×福島第1原発 懐かしの太麺、復興の力

イラスト 佐々木 悟郎

 作業現場が早朝から動き出す東京電力福島第1原発は昼休みを迎えるのも早い。午前11時過ぎにはひと仕事終えた作業員が大型休憩所の食堂にやってくる。

 「定食にすっぺ」「カツカレーやろ」。汚染水処理や使用済み核燃料の取り出しに向けたがれき撤去などに携わるのは約5000人。半分は県外から来ており、ホールでは全国各地の方言が飛び交う。

 食堂は2015年6月にできた。メニューはどれも380円だ。原発事故の影響で飲料用の水道が使えず調理…

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1044文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  3. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  4. 商標法違反 「ジャニーズ」名称を無断使用 3人書類送検
  5. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]