メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

「働き方改革」 まやかしの未来は悲惨なことに

=松尾貴史さん作

 裁量労働制が大きな関心を持たれている。テレビの報道番組が平昌(ピョンチャン)冬季五輪一色と言ってもいいような状態のなかで国会では「働き方改革」の呼び声のもと、すこぶるインチキででたらめなデータを基にした答弁が繰り広げられてきた。

 どう考えても、ほとんどの場合、会社経営者側の都合のいいように用いられて長時間労働を助長して過労死の温床となるであろうことが指摘されている裁量労働の枠の拡大について、「裁量労働制の方が労働時間が短くなることも多く満足している人もいる、時間の使い方が自由になってレジャーなどに充てられる」というようなおためごかし、おなじみの印象操作でなんとか法案を提出し通してしまおうと躍起だが、詳しく調べれば調べるほど、それがまやかしであることが露呈する状況になっている。

 現行の業種の枠でも、自分が裁量労働制で働いているということも知らされずに、低い賃金で過酷な働き方を…

この記事は有料記事です。

残り1130文字(全文1523文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです