メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Catch

スキー サンモリッツ五輪・竹節選手の日記 先進ノルウェーに習え 「1928年、私の一生の晴れ舞台」

竹節さんが記した五輪日記

 日本勢のメダルラッシュに沸いた平昌冬季五輪。日本が冬季五輪に初めて参加したのは1928年サンモリッツ(スイス)五輪までさかのぼる。そのときの日本選手団の一人で、88年に死去した竹節(たけぶし)作太さんの五輪日記が長野県山ノ内町の生家に保管されていた。日記からは、大会の様子だけでなく、日本選手の心境を知ることができる。【上遠野健一】

 サンモリッツ五輪の日本選手団は早大スキー部を中心とする計6人。竹節さんは早大商学部2年でノルディッ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです