メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

それぞれの3.11

東日本大震災7年/1 玄侑宗久さん/高村薫さん

住職にして芥川賞作家の玄侑宗久さん=2018年2月21日、鶴谷真撮影

「原発」巡る言説をほぐす 福島の一角の日常を描く 玄侑宗久さん

 「頭を殴られたようなショックでした。不要不急の外出をするな、と防災行政無線で放送していたのですが、帽子にマスク姿の檀家(だんか)さんが続々と寺に現れたのです」。彼岸を控え、死者を供養する卒塔婆を受け取りにやって来たのだ。阿武隈台地の西裾に抱かれた福島県三春町の福聚寺(ふくじゅうじ)。住職にして芥川賞作家の玄侑宗久さん(61)が7年前を振り返る。町の東約45キロに位置する福島第1原発が深刻な爆発事故を起こした直後だった。住民が身近な死者と共に生きていることを痛感し、ここを動かないとの決意を固めた。

 今年1月、小説『竹林精舎』(朝日新聞出版)を世に問うた。時は東日本大震災から3年たった2014年の…

この記事は有料記事です。

残り2671文字(全文3003文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジノ法成立 それどころでは…被災地では嘆きの声
  2. 雑記帳 日本薬科大(埼玉県伊奈町)は、人気ラーメン店「麺屋武蔵」と共同開発した…
  3. イスラムが見る現代科学 神と火星と進化論/1 UAE、2117年移住計画 宇宙の断食、どうする?
  4. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  5. 京急 駅名が「北斗の拳」仕様に 「かぁまたたたたーっ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]