メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

それぞれの3.11

東日本大震災7年/1 玄侑宗久さん/高村薫さん

住職にして芥川賞作家の玄侑宗久さん=2018年2月21日、鶴谷真撮影

「原発」巡る言説をほぐす 福島の一角の日常を描く 玄侑宗久さん

 「頭を殴られたようなショックでした。不要不急の外出をするな、と防災行政無線で放送していたのですが、帽子にマスク姿の檀家(だんか)さんが続々と寺に現れたのです」。彼岸を控え、死者を供養する卒塔婆を受け取りにやって来たのだ。阿武隈台地の西裾に抱かれた福島県三春町の福聚寺(ふくじゅうじ)。住職にして芥川賞作家の玄侑宗久さん(61)が7年前を振り返る。町の東約45キロに位置する福島第1原発が深刻な爆発事故を起こした直後だった。住民が身近な死者と共に生きていることを痛感し、ここを動かないとの決意を固めた。

 今年1月、小説『竹林精舎』(朝日新聞出版)を世に問うた。時は東日本大震災から3年たった2014年の…

この記事は有料記事です。

残り2671文字(全文3003文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
  3. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに
  4. 京都 白タク天国、観光地横行 韓国業者も参入
  5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]