メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

開明(埼玉県)/中 書道復活運動を先導

 <since 1898>

すらずに使える高品質な墨汁追い求め1世紀

 すらずに使える「開明墨汁」は画期的な商品として世間に広まった。帳簿をつける作業が楽になり、商人たちは喜んだ。一方、思いがけなく厳しかったのが書家ら専門家からの評価だったという。「墨汁を使うと筆が傷む」「文字が光る」と指摘された。田中葉子社長によると、確かに当時は原料として使われているにかわや塩化カルシウムの精製度が低く、固形墨と差別される一因となったそうだ。

 同時に受けた批判は「墨汁は邪道」というものだった。「書道は『道』がつく芸術分野であり、墨をするとい…

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文735文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 救命 4階から中2飛び降り、対応の女性教諭に当たりけが
  2. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  3. ORICON NEWS 田代まさし、約10年ぶりトーク番組出演 全盛期の年収&現在の月収を告白
  4. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  5. ORICON NEWS 福原愛さん、メディアへの惜しみない感謝 最後は報道陣と記念撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです