メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

開明(埼玉県)/中 書道復活運動を先導

 <since 1898>

すらずに使える高品質な墨汁追い求め1世紀

 すらずに使える「開明墨汁」は画期的な商品として世間に広まった。帳簿をつける作業が楽になり、商人たちは喜んだ。一方、思いがけなく厳しかったのが書家ら専門家からの評価だったという。「墨汁を使うと筆が傷む」「文字が光る」と指摘された。田中葉子社長によると、確かに当時は原料として使われているにかわや塩化カルシウムの精製度が低く、固形墨と差別される一因となったそうだ。

 同時に受けた批判は「墨汁は邪道」というものだった。「書道は『道』がつく芸術分野であり、墨をするとい…

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文735文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人
  2. フィギュア P・チャンさんら哀悼 デニス・テンさん死亡
  3. フィギュア デニス・テンさん殺害される ソチ五輪銅
  4. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  5. 名古屋・旧稲本楼 取り壊し 中村遊郭の面影、また姿消す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]