メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゆがんだ磁場

リニア談合事件/中 「汗かきルール」温床か 工費引き締めの裏で

リニア中央新幹線の南アルプストンネル工事の安全を祈願してくわ入れを行う柘植康英JR東海社長(左)と山内隆司大成建設会長=山梨県早川町で2015年12月18日、梅村直承撮影

 山梨、静岡、長野3県にまたがる南アルプストンネル(全長約25キロ)。地表から最大で1400メートル下を掘削し、高圧の水脈に当たる恐れもある難工事だ。2011年にリニア中央新幹線のルートが固まる前の08年ごろ。南アルプスの山梨県側で大成建設の担当者が土地を調査していた。長野県側には鹿島の担当者が入っていた。

 JR東海は07年12月、リニア中央新幹線東京-名古屋間について、5兆円の事業費を自己負担して建設す…

この記事は有料記事です。

残り982文字(全文1186文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」
  4. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]