メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸自ヘリ墜落

事故1カ月 原因説明なく 地元、対話模索

陸自ヘリコプターが墜落した現場では民家の解体作業が進む=佐賀県神埼市で2018年3月4日午後2時24分、石井尚撮影

 佐賀県神埼(かんざき)市の民家に陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプターが墜落した事故から5日で1カ月になった。陸自は事故機の同型機以外の飛行を既に再開している。不安を拭えないままの住民も少なくなく「不信感が募る前に陸自と対話を」と動き始めた地元区長がいる。

 事故では、ヘリ搭乗の隊員2人が死亡し、民家と小屋計3棟が焼けた。この他8棟で部品が屋根を貫通するなどの被害があった。

 現場は今、焼け残った家屋の残骸が運び出され、住宅の土台があらわになっている。そんな中、事故機が所属…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  4. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  5. 防衛大いじめ訴訟5日判決 母親が再発防止を訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです