メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

侍ジャパン

豪州に2連勝 稲葉監督「収穫は投手陣」

 野球の日本代表「侍ジャパン」は4日、京セラドーム大阪で、オーストラリア代表を6-0で破った。稲葉篤紀監督は、年齢制限のないフル代表を初めて指揮した、オーストラリアとの強化試合で2連勝した。

     日本は一回、上林(ソフトバンク)の投前適時内野安打で1点を先取。二回には秋山(西武)の右前適時打などで2点を追加した。四回には松本(日本ハム)の中前適時打で1点、六回には今宮(ソフトバンク)、秋山、松本の3連続長短打で2点を加えた。

     投手陣は、計6人で2試合連続となる零封リレー。先発の則本(楽天)は2回を5奪三振し、1安打無失点だった。【岸本悠】

    日本・稲葉監督

     収穫は投手陣。やはり素晴らしい。(今後も)今回の選手が軸。このチームを土台にしたい。今年いっぱいは若い選手も試せる時期。どんどん見たい。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 黒部ダムカレー 愛され10年 年間5.7万食売り上げ
    2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
    3. クックパッドニュース [作ってみた]話題の「ダムカレー」は〇〇を使えば簡単にできた!!
    4. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
    5. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです