メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソチ・パラリンピック閉会式場内の巨大電光表示には「I’M POSSIBLE(私はできる)」の文字が光った=ロシア・ソチのフィシュト五輪スタジアムで2014年3月16日

リハビリから競技スポーツへ

 五輪の熱戦が繰り広げられた韓国・平昌で3月9~18日に開かれる冬季パラリンピックには、6競技・80種目に約670人の選手が参加予定という。うち日本は86人の選手・役員を派遣する(2月21日現在)。2020年東京大会の開催を機に、オリンピックと並べて語られるパラリンピックだが、実はどんな大会なのか。歴史や意義を振り返りたい。 

 パラリンピック精神を象徴的に表す近年注目の言葉が二つある。一つは“Yes, I can.”(イエス…

この記事は有料記事です。

残り1132文字(全文1359文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  3. WEB CARTOP 歴代ファンも納得の中身! 新型スズキ ジムニーの先行情報が公開
  4. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  5. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]