メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソチ・パラリンピック閉会式場内の巨大電光表示には「I’M POSSIBLE(私はできる)」の文字が光った=ロシア・ソチのフィシュト五輪スタジアムで2014年3月16日

リハビリから競技スポーツへ

 五輪の熱戦が繰り広げられた韓国・平昌で3月9~18日に開かれる冬季パラリンピックには、6競技・80種目に約670人の選手が参加予定という。うち日本は86人の選手・役員を派遣する(2月21日現在)。2020年東京大会の開催を機に、オリンピックと並べて語られるパラリンピックだが、実はどんな大会なのか。歴史や意義を振り返りたい。 

 パラリンピック精神を象徴的に表す近年注目の言葉が二つある。一つは“Yes, I can.”(イエス…

この記事は有料記事です。

残り1132文字(全文1359文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです