メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・パラスポーツ

パラリンピック 歴史と意義

ソチ・パラリンピック閉会式場内の巨大電光表示には「I’M POSSIBLE(私はできる)」の文字が光った=ロシア・ソチのフィシュト五輪スタジアムで2014年3月16日

リハビリから競技スポーツへ

 五輪の熱戦が繰り広げられた韓国・平昌で3月9~18日に開かれる冬季パラリンピックには、6競技・80種目に約670人の選手が参加予定という。うち日本は86人の選手・役員を派遣する(2月21日現在)。2020年東京大会の開催を機に、オリンピックと並べて語られるパラリンピックだが、実はどんな大会なのか。歴史や意義を振り返りたい。 

 パラリンピック精神を象徴的に表す近年注目の言葉が二つある。一つは“Yes, I can.”(イエス…

この記事は有料記事です。

残り1132文字(全文1359文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 米探査機 小惑星に「水」 米版はやぶさが観測
  3. 医療用麻薬乱用容疑、40代女性医師が死亡 仙台中央署が書類送検へ
  4. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  5. 片山氏「100%開示」 収支報告訂正で 野党の追及に皮肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです