メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・あしたの日本へ

日本ガーデンセラピー協会理事長・高岡伸夫さん

高岡伸夫さん

庭の環境が健康寿命を延ばす

 高齢化が急速に進む中、庭で緑や花、小鳥など身近な自然と触れ合うことによるお年寄りの健康や病気の治癒効果が注目されている。視覚や嗅覚、触覚など五感を刺激し、満足することで心身に安らぎを与えながら自己治癒力を高めて健康寿命も延びるのだという。庭を通しての体験が多くの療法に結びつくとしてガーデンセラピーを発案し、一昨年に日本ガーデンセラピー協会を設立して啓蒙に励む高岡伸夫さんに、その思いなどを聞いた。(聞き手 本誌・宗岡秀樹)

 --ガーデンセラピーというのはまだあまりなじみがないようですが。

この記事は有料記事です。

残り2571文字(全文2830文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」
  4. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]