メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・あしたの日本へ

日本ガーデンセラピー協会理事長・高岡伸夫さん

高岡伸夫さん

庭の環境が健康寿命を延ばす

 高齢化が急速に進む中、庭で緑や花、小鳥など身近な自然と触れ合うことによるお年寄りの健康や病気の治癒効果が注目されている。視覚や嗅覚、触覚など五感を刺激し、満足することで心身に安らぎを与えながら自己治癒力を高めて健康寿命も延びるのだという。庭を通しての体験が多くの療法に結びつくとしてガーデンセラピーを発案し、一昨年に日本ガーデンセラピー協会を設立して啓蒙に励む高岡伸夫さんに、その思いなどを聞いた。(聞き手 本誌・宗岡秀樹)

 --ガーデンセラピーというのはまだあまりなじみがないようですが。

この記事は有料記事です。

残り2571文字(全文2830文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  3. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. JR福知山線脱線 「今も足が震える」救助に走った会社員

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです