メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・特集

道路橋の老朽化 23%が建設後50年経過

築後90年の千住大橋(関東地方整備局東京国道事務所提供)

維持管理・更新費用が加速度的に増加

 高度経済成長期に集中的に整備された公共施設の老朽化が進んでいる。特に全国の道路に架かる橋の整備は待ったなしの状況だ。国土交通省によると、昨年末で全国の道路橋梁のうち23%が建設後50年を経過しており、33年には6割を超える見込みだ。維持管理と更新費用は加速度的に増えており、財政負担が大きな課題となっている。33年度には13年度比で最大5割強増えるという試算もある。

 日本の道路橋梁は、1964年の東京オリンピック前から本格的な建設が始まった。国交省によると、全国の…

この記事は有料記事です。

残り4643文字(全文4894文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]