メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・特集

道路橋の老朽化 23%が建設後50年経過

築後90年の千住大橋(関東地方整備局東京国道事務所提供)

維持管理・更新費用が加速度的に増加

 高度経済成長期に集中的に整備された公共施設の老朽化が進んでいる。特に全国の道路に架かる橋の整備は待ったなしの状況だ。国土交通省によると、昨年末で全国の道路橋梁のうち23%が建設後50年を経過しており、33年には6割を超える見込みだ。維持管理と更新費用は加速度的に増えており、財政負担が大きな課題となっている。33年度には13年度比で最大5割強増えるという試算もある。

 日本の道路橋梁は、1964年の東京オリンピック前から本格的な建設が始まった。国交省によると、全国の…

この記事は有料記事です。

残り4643文字(全文4894文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  3. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目
  4. ORICON NEWS 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公開延期を発表 「制作に時間要する」19年中公開へ
  5. 伊藤園 業界初、缶入り「とん汁」22日発売 豚肉なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです