メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 鷲尾三枝子さん 急逝した夫との日々

 ■歌集 褐色のライチ 鷲尾三枝子(わしお・みえこ)さん 短歌研究社・2700円

 この冬より雪が多かった2014年の2月。東京・下町までも20センチ超の記録的な積雪に埋もれた日、69歳の夫、賢也さんを突然の脳出血で失った。母娘で旅先から帰京中、大雪に足止めされて交わしたメールが最後になった。

きみの言葉のどこにもきみの声があり最後の短きメールの中も

 文面は「あせらないでいいよ。ところで今日の夕飯どうする?」だった。「散文でつづったら霧散していたで…

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文910文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2 探査ロボ、リュウグウ着陸 表面跳びはね撮影
  2. 夜光雲 ロケットのガスで発生か 白や赤に輝く羽衣のよう
  3. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱
  4. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  5. 外来テントウムシ 天敵に天敵、クズ栄える? 関西都市部などで拡大、カメムシ危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです