メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

落語食堂

千秋楽 佐々木裁き 見立て八寸、ひれ伏し結び

きょうの噺「佐々木裁き」をお題にした料理。お白州八寸(手前)と薯蕷(じょうよ)まんじゅう=菅知美撮影

 大坂西町奉行に赴任した佐々木信濃守。お裁きに袖の下が横行する悪習を案じて、町中を見回っていると、住友の浜(大阪市中央区島之内の東横堀川沿い)で、子どもたちがお裁きごっこをしている。奉行役の四郎吉の目から鼻へ抜けるような名裁きに驚き、父親と町役人ともども奉行所へ呼び出す。とんち問答を仕掛け、改めて賢さを確かめた信濃守は後々、四郎吉を養育し与力に育て上げる。

 落語食堂は今回が千秋楽、大トリは「佐々木裁き」です。

この記事は有料記事です。

残り1619文字(全文1825文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  3. 東日本大震災 県内の大気中の放射線量 /埼玉
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです