メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名物にうまい物あり

「出入橋きんつば屋」のきんつば 大阪市北区

「出入橋きんつば屋」のきんつば(大阪市北区)=玉木達也撮影

甘さ控えめ「皮もおいしく」

 甘さを控えめにした看板商品「きんつば」が人気の「出入橋きんつば屋」。創業は1930(昭和5)年で、90年近くの歴史を刻む。防腐剤などの添加物は一切使わず、手作りで素朴な味を守り抜く。出来たてがほしい場合は「熱いのちょうだい」とお願いする。ちなみにちょっと冷めかけている方が味はよく分かるという。1個100円。

 店内の喫茶コーナーに来ていた女性は半世紀以上前から通う長年のファン。「他とは違った、あっさりとした…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文453文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入
  5. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです