メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

専用ホイッスル 19年採用願い開発 ふじみ野の小柴製作所 /埼玉

小柴製のラグビーホイッスル。「MADE IN JAPAN」の刻印が目を引く

 2019年ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会のピッチで響き渡ることを願い、ふじみ野市にある町工場がラグビー専用のホイッスルを初めて開発した。W杯では熊谷市も会場の一つとなっており、計3試合が行われる。日本代表チームと共に「日本のものづくり」も世界に挑戦する。【橋本政明】

 1980年創業の小柴製作所=小柴四郎社長(71)=はフルートやサックスなど木管楽器の部品を金属加工する従業員9人の町工場。3年前、小柴社長の長男、一樹さん(38)がラグビーの審判資格を持つ従業員から「ラグビー専用のホイッスルを作ってみないか」と誘われたのが開発のきっかけだった。

 身近な人たちの手助けになればと思い、金属加工のノウハウを活用して製作が始まった。素材は加工しやすく…

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文1013文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  2. まとメシ 寿司食べ放題店を潜入調査!寿司好きが満足できる、東京都内のおすすめ店を紹介!
  3. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
  4. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  5. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]