メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

個別説明経て再審議、可決 復興土地区画整理事業案 益城町都計審 /熊本

 熊本地震で震度7の激震に2度見舞われた益城町の都市計画審議会(会長、稲田忠則・町議会議長)は5日、昨年12月に否決した中心市街地の木山地区で実施する復興土地区画整理事業案を再審議し、可決した。町は今週中にも都市計画決定し、県と協定を締結。以後、県主導で同地区から転出予定の住民からの土地の先行買収などに着手し、9月をめどに事業計画をまとめて国の認可を得る方針。

 事業は県道熊本高森線の木山交差点を中心にした約28・3ヘクタールで、狭い道路や行き止まりの解消と公…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文505文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  3. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]