メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

「もふもふ」に癒やされたい

「あったかくて気持ちいい」とアルパカに大喜び=埼玉県東松山市の県こども動物自然公園で

 犬猫はもちろん、ウサギ、ハムスター、ヒツジ……柔らかい毛の生えた動物をなでると心が落ち着く。あの「もふもふ」に癒やされるのはなぜだろう。秘密を探ってみた。

 ●大人も夢中に

 まずは動物園の「もふもふ」を見に行った。埼玉県こども動物自然公園(東松山市)では、コアラや温泉に入るカピバラに交じり、アルパカのモカちゃん(メス)が来園者を楽しませている。30分間のふれあいタイム「もふもふタッチ」で、なでたり一緒に写真を撮ったりできるのだ。平日のこの日は30人以上が「もふもふ」を体験。「気持ちいい」「ふわふわであったかい」と声を上げながら、頭や首をなでていた。

 ウサギ、ヤギ、ブタと比べると、かなり大型のため、子どもは怖がることも。「大人のほうが夢中になって触…

この記事は有料記事です。

残り1041文字(全文1368文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
  5. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです