メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

「もふもふ」に癒やされたい

「あったかくて気持ちいい」とアルパカに大喜び=埼玉県東松山市の県こども動物自然公園で

 犬猫はもちろん、ウサギ、ハムスター、ヒツジ……柔らかい毛の生えた動物をなでると心が落ち着く。あの「もふもふ」に癒やされるのはなぜだろう。秘密を探ってみた。

 ●大人も夢中に

 まずは動物園の「もふもふ」を見に行った。埼玉県こども動物自然公園(東松山市)では、コアラや温泉に入るカピバラに交じり、アルパカのモカちゃん(メス)が来園者を楽しませている。30分間のふれあいタイム「もふもふタッチ」で、なでたり一緒に写真を撮ったりできるのだ。平日のこの日は30人以上が「もふもふ」を体験。「気持ちいい」「ふわふわであったかい」と声を上げながら、頭や首をなでていた。

 ウサギ、ヤギ、ブタと比べると、かなり大型のため、子どもは怖がることも。「大人のほうが夢中になって触…

この記事は有料記事です。

残り1041文字(全文1368文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら
  4. 東京五輪 夏のTOKYO 暑すぎて選手も観客もヤバイ!
  5. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]