メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

大相撲名場面 1985年春場所 大阪で初優勝を果たした朝潮

1985年春場所千秋楽、若嶋津を寄り倒し念願の初優勝を決めた朝潮(右)

浪花節が通じる街

 学生横綱とアマ横綱を2年連続で同時に獲得するなど、近大から鳴り物入りで高砂部屋に入門し、子ども時代から人一倍大きな体格にちなんで「大ちゃん」の愛称で人気を集めた大関・朝潮。後の高砂親方にとって唯一の賜杯は、学生時代を過ごした大阪で抱くことになる。

 1985年3月、春場所。初日から3連勝した朝潮は、4、5日目と連敗しながらも、開き直った6日目から再び白星を並べた。千秋楽は同じ大関・若嶋津との2敗同士の相星決戦。朝潮はいち早く左四つで組み、そのまま前に出て寄り倒した。「当たって出る相撲。流れの中で先に上手が取れ、寄っていった」。力強い相撲で大一番を制した。

 初優勝へは長い道のりだった。それまでに三度、優勝決定戦に進んだもののいずれも敗れていた。とりわけ関…

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文872文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  3. WEB CARTOP 歴代ファンも納得の中身! 新型スズキ ジムニーの先行情報が公開
  4. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  5. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]