メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

「私も産めたのでは」 法の対象外「洗脳」され子宮摘出 脳性まひ女性、今も悔い

「過去の事実をなかったことにはしてほしくない」と話す女性=富山市で

 「優生思想に洗脳され、子宮を摘出しました」--。脳性まひの障害のある富山県の女性(60)が、毎日新聞の取材に語った。「不良な子孫の出生防止」を掲げ障害者らに不妊手術を強いた旧優生保護法(1948~96年)の対象ではなかったが、22歳の時に自ら手術を申し出た。だが「本当は私も子どもを産み育てられたのでは」と悔やんできた。【岩崎歩】

 女性は生まれてすぐ脳性まひと診断され、8歳で石川県の障害者施設に入所。13歳の時に初潮を迎えた。身…

この記事は有料記事です。

残り738文字(全文954文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  3. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  4. 今週のあなたには帰る家がある 最終話 中谷美紀が“夫婦交換宣言”! 宿敵・木村多江と最後の戦い…
  5. 転落死 1歳児、3階出窓から? 大阪のマンション

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]