メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和をたずねて

軍国写影 反復された戦争/62 山東半島の帰属 日中対立=広岩近広

 第一次世界大戦の終結を受けて1919(大正8)年1月、連合国27カ国の代表がフランスのパリに集まり、半年間にわたる対独講和会議が始まった。4年4カ月に及ぶ世界大戦の死傷者は、参戦した31カ国で1800万人にも及んだ。

 日本は連合国の一員として、元首相で元老の西園寺公望を首席全権とする代表団を送った。歴史学者の岩井忠熊さんは「敗戦国ドイツに対する講和条約のための予備会議であり、日本が発言する機会は多くありませんでした」と語る。

 ウィルソン米大統領は、14カ条の基本原則(平和の14原則)を前年に表明していた。秘密外交の廃止や民…

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1155文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  2. 暴言 特別支援学級で女性教諭、生徒に「殺したろか」京都
  3. 台湾特急脱線 「自動制御保護システム切った」と運転士
  4. 対中国ODA 終了へ 累計3.6兆円、首相が訪中時伝達
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです