メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和をたずねて

軍国写影 反復された戦争/62 山東半島の帰属 日中対立=広岩近広

 第一次世界大戦の終結を受けて1919(大正8)年1月、連合国27カ国の代表がフランスのパリに集まり、半年間にわたる対独講和会議が始まった。4年4カ月に及ぶ世界大戦の死傷者は、参戦した31カ国で1800万人にも及んだ。

 日本は連合国の一員として、元首相で元老の西園寺公望を首席全権とする代表団を送った。歴史学者の岩井忠熊さんは「敗戦国ドイツに対する講和条約のための予備会議であり、日本が発言する機会は多くありませんでした」と語る。

 ウィルソン米大統領は、14カ条の基本原則(平和の14原則)を前年に表明していた。秘密外交の廃止や民…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. 松井知事「大阪都構想」法定協議会開催の意向 維新と公明、対立の溝埋まらず 
  5. 大阪都構想 ダブル選対応も話題 菅・松井・橋下氏が会食

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです