メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たしなみの文化考

/10 作家・藤野可織さんの観葉植物 不気味で奇妙で、美しい

京都府立植物園の温室で大好きなサボテン類に囲まれる藤野可織さん=京都市左京区で、小松雄介撮影

 <くらしナビ・カルチャー>

枯らせど募る多肉植物愛 「死」の後の変容にも興味

 洛北に広がる京都府立植物園(京都市左京区)。「小さい頃から家族と来ていましたが、今日は数年ぶりなのでうれしい」。澄み切った空の下、園内を歩きながら作家の藤野可織さん(38)は声を弾ませる。この日のお目当ては延べ床面積約4700平方メートルと国内最大級の広さを誇る温室。藤野さんは5年ほど前から自宅で観葉植物を育て、中でも多肉植物に目がない。「私の愛情が適切じゃないからか、すぐ枯らしてしまうのですが……」と申し訳なさそうにつぶやく。

 西原昭二郎副園長の案内で温室へ。内部は大きく8室に分かれ、まずは熱帯花木が生い茂る「ジャングル室」…

この記事は有料記事です。

残り1580文字(全文1885文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言
  3. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  4. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  5. アメリカンフットボール 悪質反則 「監督指示」 日大選手主張へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]