メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証

上げ幅、一時500円超

 6日の東京株式市場は、米国株の大幅上昇を受けて日経平均株価が反発。前日終値比の上げ幅は一時、500円を超えた。午前終値は445円07銭高の2万1487円16銭。

     米国の与党・共和党のライアン下院議長がトランプ大統領による鉄鋼などの輸入制限発動に反対する声明を発表したことで、投資家の貿易摩擦への不安心理が和らぎ、ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反発していた。

     日経平均が5日まで4営業日続落で計1347円下げたことで割安感が生まれたことに加え、外国為替市場で円相場がやや円安・ドル高で推移していることも株価を押し上げた。【松本尚也】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
    2. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に
    3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
    4. 東アジアサミット 南シナ海 米、妥協せず 副大統領、中国領土拡張「違法」
    5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです