メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新燃岳

7年ぶり爆発的噴火 噴煙2800メートル

爆発的噴火が観測された霧島連山の新燃岳=宮崎・鹿児島県境付近で2018年3月6日午後5時20分、本社ヘリから上入来尚撮影

 6日午後2時半ごろ、宮崎と鹿児島県境の霧島連山・新燃岳(しんもえだけ)で爆発的噴火が起き、噴煙は一時約2800メートルまで上がった。新燃岳の爆発的噴火は2011年3月以来7年ぶり。気象庁によると、爆発的噴火は午後11時までに少なくとも9回あり、宮崎、鹿児島両県の広範囲で降灰が確認された。同庁は、噴火警戒レベル3(入山規制)を継続し、火口から約3キロの範囲で大きな噴石が、約2キロの範囲で火砕流が達する恐れがあるとして警戒を呼び掛けている。

 6日午後11時現在、火口外で大きな噴石などは確認されておらず、けが人や家屋損壊などの被害も確認されていない。

 新燃岳は5日夜から火山性微動や噴煙量が増加。6日朝からは空振を伴う振幅の大きい地震も観測された。爆発的噴火は午後2時半ごろから繰り返し起き、午後7時55分ごろに噴煙は一時、高さ約2800メートルまで上がった。上空から確認したところ、火口内に溶岩が確認された。

 降灰の影響で、鹿児島空港発着の78便は6日、欠航した。7日も一部で欠航する。

 新燃岳から南約9キロにある宮崎県都城市の吉之元小学校(児童9人)は6日、校庭や遊具などが火山灰に覆われた。武田教宏校長らによると午前8時過ぎから「ゴー」という山鳴りが続き、午後3時過ぎに「ボン」という爆発音とともに窓ガラスが揺れた。その前後、体に感じる振動が10回以上あったという。【山下俊輔、重春次男、林壮一郎】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば うるま市女性殺害事件
  2. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  3. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  4. 名人戦 佐藤名人「羽生さんから防衛、想像絶した」
  5. テニミュ 斎藤工や城田優、瀬戸康史…伝説の1stシーズン放送決定 WOWOWで8月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]