メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

函館

ボスザル不在、2年以上続く 餌豊富な環境が影響?

温泉につかり、雌の毛繕いをするボス候補の雄(前列右端)と別のボス候補の雄(前列左から2匹目)=北海道・函館市熱帯植物園、共同

 ニホンザルが温泉につかる光景が人気の北海道・函館市熱帯植物園で、ボスザルが不在の事態が2年以上続いている。笠井佳代子園長は「どの雄も雌に人気がなく、なんだか頼りない」と気をもむ。

 サルの群れでは、けんかの強さや周囲の信頼が順位を決める大きな要素となる。サル山など餌に困らない環境では順位付けの必要が…

この記事は有料記事です。

残り129文字(全文279文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  2. 雑記帳 サッカー元イタリア代表FW、デルピエロ氏…
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 大村益次郎 没後150年 生誕地に砂で20メートル家紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです